ガラスの油膜を取るには

 

 

長く自動車に乗っていると様々な形でボディーやガラスが汚れていきます。走行中に付着するチリやほこり、金属片に雨で落ちたワックスなど色々な原因によって本来あったはずの艶や撥水性などが無くなり、当初の美しさは完全に失われてしまいます。そんな激しい汚れに晒された自動車を元の状態に戻すためには専用のクリーナなどを使用して綺麗な状態を保つことが出来るようにお手入れをしてあげなければなりませんが、ガラスのお手入れは特に油膜をどれだけ綺麗に取り除くことが出来るかが重要になってくるので、クリンビューを初めとした油膜とりを利用して常にガラスを綺麗な状態にしましょう。

 
ガラスを汚す原因となる油膜はほとんどの場合ボディーについたワックスが雨などで解けてガラスに流れてしまうことで付いてしまいます。そうした油膜が付いたままになるとガラスに汚れが付きやすくなったり撥水性などの効果を落とすだけでなく、コーティング剤などを塗った時の色むらの原因になったりするので、丁寧な油膜とりをしないとせっかくのコーティング剤が逆効果になってしまいます。クリンビューはそうした頑固な油膜を一気に取り除いてくれるクリーナーとして非常に高い人気を集めているので是非利用してみてください。